クレイジードロップ 第11話



~ ラブレター ~

ということで東京遠征の振り返りを今日から一つずつ。

まずは、初日10時~のCRAZY DROPから。

正直、ホームページをみてもよくわかんないんですよ。
世界観に完全に入り込んでいるので、初めての人間には敷居が高いかも。
そして、「グループ推奨」と書かれていたので、行くか行かないか最後まで迷っていました。
結局はノリに任せていってしまったけれどw

が、当日、急行はまなすがまさかの40分遅れ、接続のはやぶさに乗れないという悪夢。
このままだと東京到着が10時40分。……どうしよう。
ということで、振り替えで乗せられたJRはやて車内で連絡を取ってみると……
まさかの、1時間遅れでスタートさせてもらえるという特例を。
この神対応はすごいありがたかったです。普通ならまずありえないですよね。

で、実際に銀座へついて、スーツにサンダル、髭のグラサンというなかなかな風貌のスタッフに合流。
謎を渡されてミッションをこなすよう頼まれました。

ネタバレは禁止なので結果だけ言うと……。

20%も行かないくらい解けませんでした。
寝不足ってのもあるかもしれないけれど、
自分にとっては苦手な街歩き捜索系&発想を飛躍しないと解けない謎に加え、
どうしても最初に手に入れなきゃないようなアイテムの謎が解けず。

で、解説もしてもらったのだけれど、
解説聞いても正直よくわからない、というのが感想でして。

挙句、「○○○に行けばもらえたのです」と言われたその最初のアイテム、
実際にそれらしき場所に行ったけどもらえなかったし、
そのキーとなるものが書かれたものが、簡単に見つかるといわれたのにもかかわらず
答えを聞いた後に探しても見つからないという体たらく。

結論は、「俺には向いてない」でした。

たぶん、ハマる人はハマると思います。探索系が好きな人は特に。
ただ、俺は実際の脱出ゲームでもいわゆる「クリックゲー」が苦手なだけに、
このようなイベント形態だとだと
探索範囲無限大、何がヒントかもわからない、そもそも何が謎かもよくわからん状態になってました。

謎自体も、俺のイメージで行くとたとえば、

たたなたたぞたとたたきたた  タヌキ
みたいな謎があるとすれば、
SCRAP社などはその「タヌキ」になるものもどこかに情報として与えられるように謎を作っているけど、
ここのは
たたなたたぞたとたたきたた
だけかかれて、「タを抜けばいいのか?ホントにそれでいいのか?」と、疑心暗鬼になるような情報不足さ。
こういう問いにもあっさり「タを抜けばいいんだろ?」と発想を飛躍できる人なら簡単だと思うのですが、
どうにも自分はそこを一番苦手としている気がします。

ただ、ゲーム開始前の対応があまりにも素晴らしいうえ、
イベンターも非常に丁寧に接してくれる感じがあるので、合う人にとっては素晴らしい団体だろうと思います。
……結局、最終的にミッションどうすれば成功なのかいまだによくわかってないんですがね。


コンセプト ☆☆
むずかしさ ☆☆☆☆  
エレガント ☆☆
おすすめ度 ☆☆
個人成績 40戦 20勝20敗  勝率 .500
対CRAZY DROP 1戦 0勝1敗  勝率 .000
でも、こうした謎もあっさり解けるようになっとかないと、
最近難化しているSCRAPに勝つのは夢のまた夢なのだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 脱出ゲーム
ジャンル : ゲーム

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント

非公開コメント

プロフィール

無給の人

Author:無給の人
北の大地の南の方に住む男。
謎解き、特にリアル脱出ゲームがすき。
ライアーゲーム系統も大好き。
野球だゲームだドライブだと、
いろんなこと好きな人間です。
最近ちょっとずつ謎作る方にも興味津々。
いくつか、作ってみています。
twitterID @mukyunohito

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR