6月29日卓屋ゲーム会③ ジャングルスピード



ディクシット、カタンと頭使う重ためのゲームをつづけたので、
今度は反射神経、ということで出されたのがこのジャングルスピード。

……実際、頭そのものは使ってないかもしれないけど、めっちゃ疲れますw

ルールは簡単に言うとトランプの豚のしっぽ。
それぞれ山札を持ち、一枚ずつ時計回りに出していく。
いろんな色、形があるけれど、誰かと同じ「形」が出た時に、
中央に置かれたトーテムポールを取らなければならないと。

無事取れたプレーヤーは、自分がその回に出していたカードと相手が出していたカードをすべて
取れなかったプレーヤーの山札にすることができると。

そうして、最終的に自分の目の前から山札も出したカードもすべてなくした人が勝ちです。

なお、トーテムポールは神聖なものなので、
関係ないのに触ってしまったり、取ろうとして倒してしまった場合は、
お手付きとして出てるすべてのカードを自分の山札にしなければなりません。

あとは、特殊カードが3種類あり、そのカードが出た時に、
① 次トーテムポール取るまで、形ではなく色が同じになった時がトリガーとなる
② 全員が一斉に1枚出して同じの出るかどうか勝負する
③ 有無を言わさずトーテムポールを取る
という効能があるカードもあります。

……これだけ聞くと、単純極まりない簡単なゲームとおもうでしょ?
確かに単純なんです。幼稚園児でもルールはわかる。
でも、これを何とも言えぬ難しいゲームに仕立て上げているのが……そのカードのデザイン。
一例をあげると、

ジャングルスピード例

一瞬みたら同じ図形に見えません? 真ん中の小さい形だけ違うとか。


こんな感じで、いかにも似せてるけどいやらしい感じで違うカードが大量にあります。
太陽のような形なんだけどつのみたく出てる部分の形が微妙に違う、とか、
紐が重なった図形なんだけど重なり方が微妙に違う、とか、
●の中に十字のスリットが入っているんだけれど、そのスリットの長さが違う、とか。

テンポよく回していくと、この違いが非常に紛らわしくて。
かなりの確率でお手付きや間違いをおかしそうになります。
実際、同卓の女性、次トーテム取れば勝ちという状況で、
2回連続でこの例に挙げた図形に泣かされお手付きしてましたw
何とも言えぬ悲痛な叫びが出たことは想像に難くないですよねw

ということで、漁夫の利を得て、1度目はスタッフ的な女性が、そして2度目は自分が優勝しました。

これ、ちょっとした空き時間にやるパーティーゲームとしては至高の一品。
でも、どうやら拡張版が出ているらしいのだけれど、
そちらは正直お勧めしません。

もう間違いさがしか、と思うくらいいやらしすぎてw

これ意外と実家の家族4人でやったら盛り上がるだろうなぁ、とくにうちの家族なら。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

コメント

非公開コメント

プロフィール

無給の人

Author:無給の人
北の大地の南の方に住む男。
謎解き、特にリアル脱出ゲームがすき。
ライアーゲーム系統も大好き。
野球だゲームだドライブだと、
いろんなこと好きな人間です。
最近ちょっとずつ謎作る方にも興味津々。
いくつか、作ってみています。
twitterID @mukyunohito

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
ドラクエ風アクセスカウンターもどき

flash boreal kiss
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR